LINKS
ENTRIES
ARCHIVES
COMMENTS
MOBILE
qrcode
PROFILE
OTHERS
<< おいしい給食で食べ残しを減らしている足立区を視察 | main | 介護保険制度を学ぼう講座に参加 >>
ウォーキングロードにトイレがほしい!後援会メンバーで調査

秋晴れのすがすがしい青空に恵まれた今日、日の出地区を後援会のメンバーとともに歩いた。

 

三番瀬沿いにはウォーキングロードが昨年3月に整備され、「海岸緑道を散歩やジョギングできるようになり嬉しい」

という喜びの声ととも、「海岸沿いの途中にトイレがほしい」「口をうるおせるような水が飲めたら助かるのに・・・」

「腰を下ろして休める木陰があればいいのに」などという要望を私はこれまで数多く市民の方からいただいてきた。

そのために改善を求め、2016年6月議会でこの問題を取り上げた経緯がある。

 

これらのことを後援会のメンバーに告げたことがきっかけで、参加できるメンバーで直に見てチェックしようということになった。

入船、美浜、日の出、明海の4地区を順にチェックし、すでに整備されているトイレも見て回ろうということになった。

今日は3回目で日の出地区のチェック。

 

公共的な施設に管理人が配置されず、巡回して清掃や管理を行っているような場合、トイレは「使用不可」「使用一時中止」の

張り紙がされて閉まったままになっている場合も少なくない。

使い方のマナーが悪く、一部破損状態でそのまま放置されたままになっている施設もある。

 

議会で海岸沿いにトイレ整備のお願いをした際に、市当局は「ホームレス等のたまり場になる可能性があることや周辺から死角ができるなど防犯上からも緑道にはトイレは整備していない」とその理由を説明してきたが、まだ、こうした理由以外にも

課題があることが分かった。

 

2016年6月議会では「せめてトイレがどこにあるのか、わかりやすい案内表示を」と求め、それに

対して「検討したい」と約束してくれていたのだが、約束通り、表示塔が設置されていた。

 

 

 

| - | 2017.11.25 | 15:52 | comments(0) | trackbacks(0) |
comments
comment









trackback URL
http://motoki.jcp-urayasu.com/trackback/195
trackback