LINKS
ENTRIES
ARCHIVES
COMMENTS
MOBILE
qrcode
PROFILE
OTHERS
<< 議会運営の改善を求める申し入れを新議長に | main | 13日、福島大学松川資料室を訪ねて >>
新市長が「野菜工場」の整備計画、中止を表明


新市長が「民間事業者の障がい者就労が定員に満たない現時点において、新たな就労の場を

提供する必要性は低い」などという理由で、計画そのものの中止の方針を、この6月議会冒頭の

あいさつで表明した。

 

党市議団も、整備計画が将来的に運営を維持できる適切な規模であるのかどうか、という点において

かなりハードルは高く、しかも野菜の販路拡大に常に相当な営業能力と人材を要することなどの問題があり、

市がこのまま整備促進で突き進んでいくことにはあまりにも問題が大きく、これらについて市に対して、

できるだけ早急に批判的立場を表明する予定であった。

 

また、障がい者就労の在り方そのものについても、もっと多面的な検討が必要ではないだろうか。

 

党市議団は市長の表明を受けて、今後の推移を見守りたい。

 

写真は、今年4月に訪問した東京都板橋福祉工場「アガベ東京センター」と東京都西多摩郡瑞穂町「ベジタブル

ガーデン」の野菜。

 

| - | 2017.06.21 | 13:55 | comments(0) | trackbacks(0) |
comments
comment









trackback URL
http://motoki.jcp-urayasu.com/trackback/182
trackback