LINKS
ENTRIES
ARCHIVES
COMMENTS
MOBILE
qrcode
PROFILE
OTHERS
<< 野菜工場の視察 再び | main | 今川橋の歩道が狭くて危険!の声を受けて >>
施行70周年 日本国憲法 いいね! 5・3集会に参加


3日、爽やかな春晴れの憲法記念日、有明の臨海広域防災公園で開かれた憲法集会に参加した。

今日の新聞発表では5万5000人が参加したらしい。

私はスタート時間ぎりぎりで会場に到着したために、正面ステージ前に場所を確保できず、ステージ裏から

フアッション評論家のピーコさんをはじめ各界の文化人、知識人の訴えや野党各党のあいさつなどを映し出す

映像を見ながら参加することになってしまった。

 

憲法の値打ちを訴える各界からの訴えは、これまでにも増して気迫がこもっていることが感じられた。

とくに、沖縄の基地の県内移設に反対する県民会議の山城博治さんの訴えは、理不尽な基地建設に

生身の体を張って反対してきた人ならではの気迫の訴えであった。

 

集会の会場で報道陣に取り囲まれて取材をうける人だかりを目にして、誰が取材を受けているのだろうなどと

この時、呑気に見ていたのだが、今日の赤旗新聞で志位和夫委員長であったことがわかった。

 

志位委員長は、この日、安倍首相が「自衛隊を合憲化することが使命」だとして、2020年の施行を目指し、憲法9条改定に取り組むことを一部メデイアで表明したことへの受け止めを、記者団に問われたようだ。

 

安倍首相は「自衛隊の存在を憲法に書き込むだけだ」と主張するだろうが、「それは単に自衛隊の存在を追認するに

とどまらない。憲法に自衛隊の存在を書いたとたんに海外での武力行使は文字どおり無制限になる。

ここに事の本質がある」と志位委員長は答えたと報じられている。

 

憲法を守りぬかねば・・・それには市民と野党の共闘しかない!

 

| - | 2017.05.04 | 12:15 | comments(0) | trackbacks(0) |
comments
comment









trackback URL
http://motoki.jcp-urayasu.com/trackback/177
trackback