LINKS
ENTRIES
ARCHIVES
COMMENTS
MOBILE
qrcode
PROFILE
OTHERS
<< 野菜工場で育った野菜、美味しい!  | main | 施行70周年 日本国憲法 いいね! 5・3集会に参加 >>
野菜工場の視察 再び

今週24日、2か所目の植物工場を視察した。

東京都板橋区にある社会福祉法人が2年前に障がい者就労を目的に導入している植物工場である。

前回の視察は、工場経営者から話を伺うために訪問したが、今回は浦安市が目指す障がい者就労を

都内ですでに実施している社会福祉法人を訪問し、担当者から話を伺った。

 

工場内の仕事や環境が知的障がい者の訓練に非常に合っていること、緑の成長を見ながらの作業によって障がい者が

精神的に安定すること、仕事そのものが一人で完結しわかりやすいために障がい者がスッと入っていける作業環境であることなど

わかりやすい説明をいただいた。

 

課題は、やはり栽培した野菜の販路拡大である。

障がい者の就労人数を確保しようとすれば、それだけの野菜の購入先を安定的に確保しなければならなくなる。

本法人もネッ通販や直営のレストランでの利用、駅ナカショップ販売など、ただ単に栽培だけを目指すのではなく

さまざまな雇用経験の場づくりと販路拡大をセットで考える必要があるようだ。

 

一般就労できるようにするために障がい者を継続的に支援する就労継続支援B型と就労移行支援事業で、合計定員は42名、

就労者はローテーションによって1日、わずか5人であった。

 

私なりに課題がつかめた視察であった。

 

 

| - | 2017.04.26 | 10:01 | comments(0) | trackbacks(0) |
comments
comment









trackback URL
http://motoki.jcp-urayasu.com/trackback/176
trackback