LINKS
ENTRIES
ARCHIVES
COMMENTS
MOBILE
qrcode
PROFILE
OTHERS
<< 今年はいくつもの選挙が行われる年になりそう、新年早々、あわただしい毎日 | main | ひきこもり等支援で藤里町を訪問 >>
市独自の給付型奨学金制度の現状について、教育委員会にヒアリング

制度は平成27年度にスタートしたのであるが、返済の必要がない奨学金制度として

県内の共産党議員から、私は、度々、問い合わせなどをいただき、かなり注目されているものである。

 

今日は、県議会議員2名のヒアリング調査に同行させていただき、受給者の現状や制度内容について

教育委員会総務課から説明をうけた。

昨日、新年度の受給申請をお知らせする案内チラシを市内の中学校や高校、近隣自治体の高校などに届けたばかりであると

いう説明をいただいた。

 

今年度は生活保護受給世帯の高校生、大学生も対象にする改善措置が講じられたものの、その対象となったのは

わずか4名。

貧困の連鎖を断ち切り、だれもが無償で教育を受けることができる社会になるのはいつだろうか、

まだまだ、わが国ではその道のりは遠い。

 

| - | 2017.01.13 | 21:50 | comments(0) | trackbacks(0) |
comments
comment









trackback URL
http://motoki.jcp-urayasu.com/trackback/169
trackback