LINKS
ENTRIES
ARCHIVES
COMMENTS
MOBILE
qrcode
PROFILE
OTHERS
葛南土木事務所に申し入れーー猫実川と三番瀬の護岸は地震でも大丈夫?

台風13号が関東方面にも近づきつつあるなか、岡田幸子県議会議員を通して申し入れをお願いしてあった

千葉県葛南土木事務所に伺った。

 

浦安市の美浜地区から日の出地区に至る三番瀬護岸は、三番瀬の埋め立てを前提に河川護岸として整備された

経緯があるため、耐震強度や護岸の高さに対して、住民から不安の声が党市議団には寄せられていた。

そのため、党市議団は千葉県に対して護岸の強度を調査し、その結果を早急に住民に公開するよう、たびたび求めてきた。

また、市議会でも取り上げ、市から県へ働きかけるよう要求を重ねてきた。

 

このような中、最近、猫実川近隣の住民から猫実川の護岸に木が育ち、コンクリート護岸に亀裂がみられる

ことから、護岸の強度に対して、さらに不安が増大しているという声が寄せられたため、今日は三番瀬護岸だけ

でなく,猫実川護岸の安全性についても調査するよう申し入れることになったのである。

 

千葉県に対して数年ごとに申し入れてきたが、千葉県の腰は重く、なかなか動こうとしない。

安全性があるのかないのか、そのことすら、明確にせず、今日に至っているのである。

 

ところが、この度は少し千葉県の動きがみられ、問題が前進するのではないかという回答が得られたのである。

 

国の方針で現有の海岸管理施設を長寿命しようという施策が始まり、どの程度の老朽化があるのか、昨年から

護岸の点検作業が始まったという。目視による一時点検とさらにニ次点検なども行い、平成33年度末までに

長寿命化計画を策定する予定であり、入船エリアについては今年度点検業務を事業者に委託発注したという

回答が得られた。

 

さらに猫実川護岸については現地を改めて点検し、そのうえで、いつごろ、どうするのか回答を下さることに

なった。

 

長年、求めてきた住民要求にやっと応えられることになり、ホッとしているのであるが、私は、今はもう、

入船地区の点検結果が気になり始めている。何も問題なければ良いのだが・・・・。

 

 

 

| - | 2018.08.08 | 20:23 | comments(0) | trackbacks(0) |
子ども図書館を視察 

昨日、柏市が直営で運営している子ども図書館を視察した。

内田市長が子ども図書館整備を選挙公約にしていたのであるが、今年度当初の市政方針演説の中で

実現に向けた検討をすすめることが表明された。

 

もちろん、子ども図書館という限り、子どもの読書環境を整え、子どもの読書活動を推進することが整備目的で

あることは間違いないと思われるのだが、すでに中央図書館には子ども向けの図書も十分に備えられ、読み聞かせ

活動などもこれまですすめられてきたはずである。

そこに新たに子ども図書館を整備する必要性があるのだろうか、参考にするために柏市を訪問することにしたのである。

 

柏市では、就学前の乳幼児とその家族を主な施設利用の対象にしている。

本との出会いの場、親と子どもの読書活動の普及、親子の絆を育む場を提供し、読書だけでなく子育て支援の機能

や母子保健機能、地域間交流機能など4つの機能をもつ施設とし、ちょうど今年8月が10年目の節目をむかえる

ということであった。

 

単なる読書活動の支援の場ではなく、就学前の子育て支援の役割をはたしていることや、ボランティアを中心にし

た「おはなし会」など地域間交流の場としての機能などはとても魅力的に感じるものであり参考になった。

 

| - | 2018.08.08 | 09:29 | comments(0) | trackbacks(0) |
進みつつある学童クラブと全児童対象事業の一体化、モデル校を視察

浦安市が今年度から「児童育成クラブ」と「放課後異年齢交流促進事業」を統合し、一体的に運営することをめざし、

「明海小学校」と「東小学校」でモデル事業を実施している。

昨日は、夏休み中のこの二つの小学校を訪問し、モデル事業の状況を見せてもらった。

 

ちょうど、私たちはスイカ割りがこれからは始まるところにお邪魔した。

明海小学校は両事業の一体化を目指して、交流スペースが新たに整備されたこともあり、余裕のある環境で

両事業の子どもたちが思う存分遊べる部屋が準備されていた。

両事業の子どもたちが同じ部屋で過ごすことになるため、保育室は十分な広さが確保されているのだろうかと

気にかかっていたのであるが、この点は心配ないようである。

 

施設長の事業運営や子どもに対する情熱には敬服したが、一体化は働く職員に相当な負担増になっているように

思えた。

 

一方、東小学校は学童クラブが本室と分室にわけて整備され、しかもこれらは相当離れた場所にあり、さらに

全児童対象事業の場所も離れているために、日常的な一体化は困難なため、体育館を利用して、これまで6回ほど

合同保育を実施したとの事であった。

 

もっとも重要な課題は、働く支援員の処遇ではないだろうか。

地域に異年齢の子ども集団が亡くなったといわれている今、遊びや遊び集団が廃れてしまっており

安全安心な遊びの確保が求められ、専門性を有する職員を配置する必要がある。

そのためには職員の情熱に支えられた今の現状を変える必要があるのではないだろうか。

 

私は、役割や目的の異なる両事業を統合・一体化するのではなく、むしろどちらも充実させるべきと考えている。

子ども・子育て支援法で学童保育の施設の広さや人数、職員配置基準などがやっと法的に明確化された。

ところが、一体化によって学童クラブの役割の低下、保育環境の悪化が懸念される。

それぞれちゃんとやりながら相乗的な効果が発揮できるようにすべきではないだろうか。

視察を通して、このことを改めて確信した。

 

| - | 2018.08.03 | 11:10 | comments(0) | trackbacks(0) |
2018平和大行進 今年も終えました

毎年、夏恒例の平和行進、猛暑続きで行進中に体調不良を訴える人も出るのではないかと

実行委員会のメンバーは大変な心配をし、行進コースのちょうど真ん中地点の市役所までの

コースと、それ以降の新浦安駅までのコース、コースを二つに分けて参加者を募るなどの

工夫もしたのであるが、参加者がそれぞれの判断で体力に応じて参加したのであろうか、

何事もなく,今週16日、無事に終えることができた。

 

数年前から、日中の行進は止めて、夕方4時から行うことにしたことも良かったのだろう。

 

今年は実行委員会参加の構成団体の中から2名が広島で行われる世界大会に参加してくれることにも

なっている。

 

浦安での開催は今年34回目。

ヒバクシャの願いが実現できるまで、平和大行進を続けることの意義を参加者全員で確認し、

市民に平和の大切さを訴え続けることが今年も無事にできた。

私は、実行委員会の一人として、一つの取り組みを終えた何事にも代えがたい達成感を感じている。

 

夏の猛暑にも負けません、多肉植物、元気です。

 

| - | 2018.07.20 | 11:59 | comments(0) | trackbacks(0) |
自衛隊という難題について考えるーー9条の会が学習会

9条の会が開催する学習会は、毎回、盛会であるが、昨日の富岡公民館で開催した学習会も

準備した席は早々に埋まった。

代表からの開会挨拶に続き、早速、講師の小泉親司さんから準備したレジメに従って、お話がされた。

 

 

| - | 2018.07.16 | 14:42 | comments(0) | trackbacks(0) |