LINKS
ENTRIES
ARCHIVES
COMMENTS
MOBILE
qrcode
PROFILE
OTHERS
介護サービスの利用料助成制度で先進自治体を視察

いざ、必要になった時に安心して介護サービスを受けられるようにしてほしい・・・

私の周辺の人たちからは、こんな声は絶え間なく寄せられる。

そして、すでに利用している方からは、施設でも在宅でも利用料の高さを訴えられる。

 

11日、在宅サービスの利用料助成制度を介護保険制度のスタート直後から創設している船橋市を訪問した。

利用料助成制度はどのくらいの費用がかかるのだろうか?

船橋市ではどのくらいの方がこの制度を活用しているのだろうか?

制度は介護保険が始まって間もなく創設されたというが、どのような経緯があったのだろうか?

 

在宅要介護者のみが対象であり、制度対象者は300名にも及ばす、大した数ではない。

しかし、この制度で救われる市民がいるに違いない。

 

高額な費用が掛かるわけでもないことがわかった。

改めて、浦安市にも制度づくりを提案したい。

 

 

| - | 2018.10.15 | 20:11 | comments(0) | trackbacks(0) |
中学校の道徳教科書はどんな内容?

今日、13日、子どもと教科書市川・浦安ネット21が主催する学習会に参加した。

 

今年から小学校で法定教科書を使った道徳教育が実施されている。

今日は、実際に学校現場で指導に当たっている先生から、教科書の中のある一つの単元をどのように

指導しているのか、子どもたちの反応はどうであったのかなどの、現場からの報告があり、

とても興味深く聞かせてもらった。

先生の指導の仕方で、教材をどのようにでも活用できることがよくわかった。

検定に合格した教科書に盛り込まれた22の徳目が何を意図しているのか、その狙いを教員も

しっかりと見抜いたうえで子どもたちに向き合う必要があるだろう。

 

また、8社30冊もの教科書がそれぞれ、学習指導要領に示す内容に照らして文科省の調査官から

不適切とする意見が出され、どのように修正されたのか、また、教材内容を会社ごとに詳細にわたって

教科書ネットで丁寧に調査し、どのような特徴があるのかなどをまとめた調査結果も紹介してもらった。

 

 

私からは、9月議会で教科書採択会議の公開を教育委員会に求め、「市川市と協議のうえ

公開に向けて検討したい」との答弁が得られたことを報告させてもらった。

 

主催者たちの心意気とこの問題に対する熱意を感じた学習会であった。

 

 

| - | 2018.10.13 | 18:22 | comments(0) | trackbacks(0) |
憲法カフェー「9条と世界・日本」、私たちの不安、若者の不安

9条の会・浦安が定期的に実施してきた学習会は、講師の話を一方的に聞くことが主となるため

参加者が自らの考えや疑問を訴える機会はあまり保障されていない。

今回は、お茶を飲みながら、だれもが自由に話せる企画である。

 

さらに「未来のための公共」から若者2名の参加が得られたため、若者の思いや社会に対する不安などに

ついて聞くことができ、我々世代との共通性とともに独自の思いにも話題が広がり、

看板通りの「カフェ」となった。

 

世代を超えた繋がり、同じ考えを持つ人々とのつながりが深まり、参加者からは楽しかったという

感想も寄せられた。

 

 

| - | 2018.10.08 | 18:59 | comments(0) | trackbacks(0) |
市議団が提案の意見書、議員全員の発議に急転!

行徳高校定時制課程をなくし、船橋高校定時制課程に統合される計画が千葉県教育委員会から

昨年提示されたことに対して、両校の先生、同窓生や保護者、中学校の先生などから、反対の声が

高まっていた。

私はこうした人たちの声を直接聞くチャンスがあり、この時に、定時制高校が従来の役割を果たして

いるだけでなく、不登校や中途退学者などの学びなおしの場になり、地域でかけがえのない役割を

果たしていることを知った。

 

私は同窓生からの訴えを直接、耳にし、何としても残したいと考えるようになり、

市議団で話し合い、この9月議会に千葉県に意見書発議しようとなったのである。

 

ところが、議会会期中に存続させる会の準備会のメンバーが直接、市議会に来てくださり、各会派の

控室を訪問し、各市議会議員に対して理解と協力を求める訴えがあった。

彼らの心からの真摯な訴えが他会派議員の心を突き動かしたに違いない。

浦安市議会全員で千葉県に意見書を提出しようと急展開したのである。

 

そのため、党市議団は発議予定の案文を取り下げ、9月議会最終日、満場一致で可決となった。

 

切実な市民の願いを実現するために、議員として幾分かの役割が果たすことができた9月議会であった。

 

| - | 2018.09.23 | 21:12 | comments(0) | trackbacks(0) |
アンケートで寄せられた現場をウオッチング

市議団が6月に実施した市民アンケートには、市内の道路や信号、植栽などについての改善要望が

数多く寄せられている。

 

昨日は、実際に現場を確認する必要があると判断されるものの中から、今川橋と歩車分離式信号機について

後援会のメンバーと調査することになり、朝の今川橋付近の混雑状況と通行状態を確認した。

 

朝の慌ただしい1時間、橋の上に立ち、人々の通勤通学の様子が確認できた。

今川橋は、通勤通学の自転車、順天堂病院に向かう患者と職員などでたいへん混在し、以前から

危険な場所として、市議団は千葉県と浦安市に今川橋の拡幅を求めてきた。

今回のアンケートでもまた、この声が寄せられた。

 

改めて、千葉県公安委員会と土木事務所に申し入れをしなければならない。

 

新浦安駅北口の歩車分離信号に慣れたのだろうか?

自転車を押して通行する人たちも増えているが、スクランブル交差点にように斜め横断も

少なくない。

 

 

| - | 2018.09.14 | 22:06 | comments(0) | trackbacks(0) |