LINKS
ENTRIES
ARCHIVES
COMMENTS
MOBILE
qrcode
PROFILE
OTHERS
後援会行事「お江戸散歩」で表参道から青山墓地までの界隈を散歩

後援会で企画して始めたお江戸散歩は、東京の市街地や公園、美術館などめぐるウオーキングの旅であるが、

今回は第67回目。私はこれに久しぶりに参加することができた。

真夏の暑い8月を除き、毎月、企画され、今年は6年目を迎えている。

 

今日は、表参道から青山までの街並みや閑静な並木道、青山霊園を散策し、太田記念美術館の浮世絵も鑑賞することができた。

途中にお箸屋さんがあり、その店先には招き猫が座っていた。

思わず、シャッターを切ってしまった。

 

色鮮やかな看板や高層ビルの谷間にある蔦のからまった同潤会アパートは、昔のたたずまいを感じさせながら

今も道行く人々があっと目を引くスポットである。

 

12000歩のウオーキングで、今日は心も体もリフレッシュした。

 

 

| - | 2018.11.16 | 18:03 | comments(0) | trackbacks(0) |
千葉県葛南整備土木事務所に申し入れ

今年8月に三番瀬護岸の安全性について申し入れるために伺ったばかりの、葛南土木事務所に

13日、再び、お邪魔した。

今回は、千葉県管理の道路・橋りょうなどについて、市民アンケートに寄せられた回答の中から

早急に改善や対応をお願いしたい事項をとりまとめて申し入れた。

 

 

特に市民要望が多く寄せられたのは、今川橋が朝夕混雑し、自転車と歩行者の通行が危険な状態になっている

問題である。

今川橋そのものを拡幅できないのか、これまでにも同事務所には度々お願いに行ったのであるが、

難しいと言われ続けてきた。あきらめることなく、今回も橋に沿って歩道橋を整備してほしい旨

伝えてきた。

また、橋の4隅に上の写真の場所があり,通行者が信号待ちで一時的に待機するための場所として、

これを活用できないか提案した。

 

伝平橋付近の歩道のでこぼこが抜本的な改修はムリとの事であったが、滑らかにする工事を約束してくれた。

 

千葉県の管理の道路は特に市が管理するのか、県の管理なのか、住民にとってはわかりにくい。

歩道そのもは県が管理するものの、歩道上の照明や植木などは市管理であるという。

 

シンボルロード沿いのブロック状の歩道の修理、276号線道路の自転車道整備、日の出法務局寮前の空き地の活用

境川の水管理の問題など、要望事項は盛りだくさん。

 

 

| - | 2018.11.15 | 17:50 | comments(0) | trackbacks(0) |
介護サービスの利用料助成制度で先進自治体を視察

いざ、必要になった時に安心して介護サービスを受けられるようにしてほしい・・・

私の周辺の人たちからは、こんな声は絶え間なく寄せられる。

そして、すでに利用している方からは、施設でも在宅でも利用料の高さを訴えられる。

 

11日、在宅サービスの利用料助成制度を介護保険制度のスタート直後から創設している船橋市を訪問した。

利用料助成制度はどのくらいの費用がかかるのだろうか?

船橋市ではどのくらいの方がこの制度を活用しているのだろうか?

制度は介護保険が始まって間もなく創設されたというが、どのような経緯があったのだろうか?

 

在宅要介護者のみが対象であり、制度対象者は300名にも及ばす、大した数ではない。

しかし、この制度で救われる市民がいるに違いない。

 

高額な費用が掛かるわけでもないことがわかった。

改めて、浦安市にも制度づくりを提案したい。

 

 

| - | 2018.10.15 | 20:11 | comments(0) | trackbacks(0) |
中学校の道徳教科書はどんな内容?

今日、13日、子どもと教科書市川・浦安ネット21が主催する学習会に参加した。

 

今年から小学校で法定教科書を使った道徳教育が実施されている。

今日は、実際に学校現場で指導に当たっている先生から、教科書の中のある一つの単元をどのように

指導しているのか、子どもたちの反応はどうであったのかなどの、現場からの報告があり、

とても興味深く聞かせてもらった。

先生の指導の仕方で、教材をどのようにでも活用できることがよくわかった。

検定に合格した教科書に盛り込まれた22の徳目が何を意図しているのか、その狙いを教員も

しっかりと見抜いたうえで子どもたちに向き合う必要があるだろう。

 

また、8社30冊もの教科書がそれぞれ、学習指導要領に示す内容に照らして文科省の調査官から

不適切とする意見が出され、どのように修正されたのか、また、教材内容を会社ごとに詳細にわたって

教科書ネットで丁寧に調査し、どのような特徴があるのかなどをまとめた調査結果も紹介してもらった。

 

 

私からは、9月議会で教科書採択会議の公開を教育委員会に求め、「市川市と協議のうえ

公開に向けて検討したい」との答弁が得られたことを報告させてもらった。

 

主催者たちの心意気とこの問題に対する熱意を感じた学習会であった。

 

 

| - | 2018.10.13 | 18:22 | comments(0) | trackbacks(0) |
憲法カフェー「9条と世界・日本」、私たちの不安、若者の不安

9条の会・浦安が定期的に実施してきた学習会は、講師の話を一方的に聞くことが主となるため

参加者が自らの考えや疑問を訴える機会はあまり保障されていない。

今回は、お茶を飲みながら、だれもが自由に話せる企画である。

 

さらに「未来のための公共」から若者2名の参加が得られたため、若者の思いや社会に対する不安などに

ついて聞くことができ、我々世代との共通性とともに独自の思いにも話題が広がり、

看板通りの「カフェ」となった。

 

世代を超えた繋がり、同じ考えを持つ人々とのつながりが深まり、参加者からは楽しかったという

感想も寄せられた。

 

 

| - | 2018.10.08 | 18:59 | comments(0) | trackbacks(0) |